ジスロマックはさまざまな細菌に効果を発揮する抗生物質です。
医療現場などではよく使用されており、服用したことのある人もいるでしょう。
ジスロマックの箱抗生物質にはさまざまなタイプがありますが、ジスロマックはマクロライド系抗生物質に分類されています。
この薬の作用メカニズムは細菌のタンパク質合成を阻害するというものです。
細菌の細胞はタンパク質から作られており、新しい細胞を作り出すためにはタンパク質が必要となります。

ジスロマックは細菌のタンパク質を作り出す器官の働きを阻害することができるため、細菌の発育を抑えられるという仕組みです。
ジスロマックには副作用のリスクもあります。
最も多いのは下痢の副作用であり、悪化すると脱水症状を引き起こすリスクもあるので注意しましょう。
なかなか症状が治まらない場合はドクターに相談することが大切です。

ジスロマックってなに?

ジスロマックの薬ジスロマックは抗生物質の一種であり、国内で最も感染者の多い性病のクラミジアやマイコプラズマ肺炎、歯周病の治療薬として使われています。
ジスロマックはマクロライド系の抗生物質ですが、従来の薬よりも効果が長く続き、短期間でクラミジアを治療できるという特徴があります。
効果が長く続くので飲みやすいですし、従来の薬より効果が高いこともポイントです。
そのため細菌による感染症の治療でよく使われています。

ジスロマックの主成分であるアジスロマイシンは、安全性が高い新しいマクロライド系の抗生物質です。
アジスロマイシンは病原菌のタンパク合成を阻害するという働きがあるため、病原菌の増殖を抑えることができます。
従来の薬と比べて体内に吸収されやすいですし、1日1回の服用を3日間続けただけでもかなりの効果が期待できるでしょう。
副作用のリスクも少なく、アレルギー反応が起こりにくいこともポイントです。
そのためこの薬は新しいマクロライド系の抗生物質として注目を集めており、細菌による感染症の治療に広く使われています。

クラミジアに効果があることはもちろん、細菌性のさまざまな感染症に用いられています。
主成分のアジスロマイシンの働きにより、感染症の原因となる細菌の増殖を抑制することができますし、治療効果が得られるというメカニズムです。
また、主成分が血中に取り込まれても効果が長く持続することが特徴です。
ジスロマックはクラミジアやマイコプラズマ肺炎、歯周病などに効果を発揮する治療薬ですが、きちんとした効果を得るためには正しい飲み方を実践することが大切です。
間違った飲み方をするとあまり効果が出なくなってしまうこともあるので注意しましょう。

ジスロマックの服用について

時間を決めて薬を飲む女性ジスロマックは毎日できるだけ同じ時間帯に飲むことがポイントです。
500mgを1日1回ずつ3日続けて飲むという方法が一般的であり、飲み忘れには注意が必要です。
クラミジアにかかってしまった場合、ジスロマックの1000mgを1回だけ服用することになります。
それによって病原菌を一気に死滅させることができますし、約90%の確率で完治させると言われています。
ジスロマックを飲むタイミングに決まりはありませんし、空腹時や食後など好きなタイミングで飲むことができます。
しかし、空腹時に服用すると副作用が発生しやすくなることもあるため、食後2~3時間くらいのタイミングで飲むのが無難です。
また、胃腸の弱い人は空腹時に服用すると負担がかかってしまうため、食後にぬるま湯と一緒にジスロマックを服用すると良いでしょう。

一口に抗生物質といってもさまざまな系統があります。
ジスロマックはマクロライドという系統に属する抗生物質であり、他の系統の抗生物質と一緒に服用する際には注意が必要です。
ジスロマックを他の系統の抗生物質と一緒に服用した場合、アレルギー反応が発生しやすくなることもあります。

ジスロマックは代表的な性病であるクラミジアだけでなく、小児に多いマイコプラズマ肺炎や歯周病などの治療でも使われています。
抗生物質を服用している場合は飲み合わせについても注意しましょう。
クラミジアを治療するためにジスロマックを服用したいけれど、既に服用している薬がある場合はドクターにきちんと伝えることがポイントです。

個人輸入の通販サイトで購入可能

ジスロマックは病院で処方を受けるだけでなく、通販サイトで購入することもできます。
通販サイトといっても一般的な通販サイトではなく、個人輸入を代行してくれるサイトを利用する必要があります。
個人輸入というのは海外の医薬品を個人的に入手するという方法です。
薬の輸入は個人の使用が目的なら法律的に認められており、いちいち病院に行くのは面倒だという人でも手軽に薬を手に入れることができます。
クラミジアなどの性病は診察を受けるのが恥ずかしいという人もいるでしょう。
そのような人も通販サイトでジスロマックを購入するのがおすすめです。

ジスロマックの有効成分とは?

ジスロマックは抗生物質の一種ですが、アジスロマイシンが主成分となっています。
これはマクロライド系の抗生物質となっており、比較的新しい薬として知られています。
抗生物質にはいろいろな種類がありますが、ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンはクラミジアやマイコプラズマ肺炎、歯周病などといった細菌に対して効果を発揮します。

アジスロマイシンは組織に移行するという性質があり、この薬を投与すると血液中に存在する濃度の10~100倍くらいの濃度で組織に留まることになります。
そのため長い時間作用が続くことが特徴であり、細菌の増殖を長い間抑えることができます。
アジスロマイシンは1回の投与で1週間~10日間効果が持続するという特徴もあります。
アジスロマイシンを有効成分としたジスロマックは、主にクラミジアの治療薬として利用されています。
クラミジアは国内でも感染者がかなり多く、どんな人でも発症する可能性があります。
性病なので病院に行くのは恥ずかしいという人もいるかもしれません。

しかし、治療が遅れると完治するまで時間がかかってしまいますし、気になることがあったら早めに検査を受けて治療を開始することが大切です。
アジスロマイシンはクラミジアに高い効果を発揮してくれますし、1回の服用でも良いとされています。
ジスロマックの成分であるアジスロマイシンですが、この成分はクラミジア以外にも使われることがあります。
この成分はマイコプラズマ肺炎や歯周病などに対しても効果があるということです。
感染性の病気にジスロマックが有効とされており、これらの病気の原因となる細菌はアジスロマイシンに対して耐性が無いという特徴もあります。

使い方には注意が必要?

アジスロマイシンの使い方によっては病気の治療が難しくなってしまうこともあります。
基本的にこれらの細菌が耐性を持つことはありませんし、薬が投与されれば殺菌効果によって死滅していくということです。
しかし、場合によってはアジスロマイシンに対して耐性を持つ細菌となってしまい、死滅しないことも考えられます。
アジスロマイシンを乱用した場合、細菌がこの薬に対して耐性を持ってしまうので治療効果が出にくくなってしまうということです。
そのようなリスクを避けたいという場合、感染性のある病気に感染してもすぐにジスロマックを投与しないことが大切です。

ジスロマックに代わる薬品の投与で治療を行い、できるだけアジスロマイシンの耐性を付けないようにしましょう。
強力なウイルスに感染してしまった場合に備え、薬品に対する知識を身に着けておくことがポイントです。
他の薬では効果が得られない場合はアジスロマイシンを使って細菌を死滅させ、元の体の状態に戻していくことが大切です。
抗生物質はアジスロマイシン以外にもさまざまな種類がありますし、目的に応じて使用していきましょう。

作用の仕組みについて

ジスロマックの効果について詳しく知りたいという場合、感染症のメカニズムをチェックしておくことがポイントです。
細菌による感染症は細菌が患部でタンパク質を合成し、増殖する必要があります。
結果として患部が炎症を起こし、化膿や発熱などといった症状が現れます。
ジスロマックの主成分であるアジスロマイシンには、細菌がタンパク質を合成するのを抑制するという作用があります。

アジスロマイシンはさまざまな細菌に効果があると言われており、その効果が長く続くので広く利用されています。
クラミジアは1回の服用でもかなりの効果がありますし、細菌をしっかり死滅させることができます。
風邪やマイコプラズマ肺炎なら1日1回、3日間の服用で良くなるということです。
症状によって服用する量などは異なってきますが、他の抗生物質と比べて服用する回数が少なくて済むのが特徴です。
何度も薬を飲むのは面倒という人や飲み忘れが心配な人にもおすすめです。

ジスロマックにも副作用はある!

ジスロマックは他の抗生物質に比べて副作用が少ないと言われています。
しかし、全く副作用が無いというわけではありませんし、この薬を服用する時にはメリットだけでなくリスクについてもきちんと知っておきましょう。

ジスロマックの副作用として最も多いのが下痢です。
しかし、これは他の抗生物質を服用した際にも起こることがありますし、ジスロマックが特に下痢を起こしやすい薬というわけではありません。
子供や胃腸が弱い人などは下痢を起こしやすいと言われているので注意しましょう。
ジスロマックの副作用としては、好酸球数増加や白血球数減少などといったものもあります。
このような副作用があっても重大な病気に繋がるような影響はほとんどありませんし、安心して服用できる薬となっています。
下痢が酷い場合やなかなか治まらない場合は病院で相談しましょう。
抗生物質に耐性のある乳酸菌が配合された整腸剤を処方してもらうのがおすすめです。

ジスロマックは安全性が高い抗生物質と言われており、重篤な副作用が発生する可能性はかなり低くなっています。
重篤な副作用としてはアナフィラキシー・ショックがあります。
アナフィラキシー・ショックが発生した場合、息苦しさや蕁麻疹、顔面蒼白、意識の薄れなどといった症状が起こります。
また、初期症状として発疹や水ぶくれなどが起こってしまうこともあります。
ジスロマックを服用して皮膚に異常を感じたら注意が必要です。
他にも喉の痛みや痒み、唇のただれなどが起こってしまうことがありますし、服用期間中は毎日体の状態をチェックすることが大切です。

重篤な副作用には十分注意を

ジスロマックを服用して動悸などの症状が発生した場合、重篤な副作用のリスクがあります。
茶褐色の尿が出た場合や食欲減退、吐き気、倦怠感などが持続する場合は肝機能に異常が発生しているのかもしれません。
血便が出た場合や激しい腹痛が発生した場合、大腸が炎症を起こしていることがあります。
咳や息苦しさが続く場合は間質性肺炎の可能性がありますし、継続的な手足の痺れが起こった場合、重篤な副作用が起こっている可能性もあります。
ジスロマックを服用していて気になる症状が起こったら、できるだけ早くドクターに相談しましょう。

副作用が発生しても軽いものなら特に問題はありません。
しかし、ジスロマックは長く服用する薬であり、重い症状が続く場合はすぐにドクターに相談する必要があります。
放置しておくとさらに症状が悪化してしまうこともありますし、改善することが難しくなってしまうこともあるので注意しましょう。
副作用のリスクを避けたいという場合、アレルギー既往歴や薬物過敏症についてドクターにきちんと伝えておきしましょう。
また、アナフィラキシー・ショックのリスクを避けるためには事前の検査をきちんと受けることがポイントです。

ジスロマックは組織内半減期が長いことが特徴であり、アナフィラキシー・ショックの治療を中止して服用している場合、再発してしまう可能性があるので注意が必要です。
ジスロマックの服用期間中または服用終了後に気になる症状が発生した場合もドクターに相談しましょう。
服用期間中の場合は一時的に服用を中止する必要があります。
ジスロマックを服用すると意識障害などを引き起こすこともあります。
このような症状が発生するリスクは極めて低いですが、車の運転や仕事の際には注意が必要です。
ジスロマックを服用する時には車の運転などを避けた方が良いでしょう。

高度の肝機能障害のある人がジスロマックを服用した場合、さらに肝機能を悪化させるリスクがあります。
そのため薬の量や期間などに注意しましょう。
また、虚血性心疾患などの病気を持っている人も服用の際には注意が必要です。
ジスロマックの成分に対して過敏症の既往歴がある場合、重大なトラブルを引き起こすリスクもあるため、ジスロマックの服用を避けた方が無難です。